1. ウェブデザイナー・行政書士 金澤淳平ブログ | WEB集客の薬箱 TOP
  2. サイト制作のレシピ
  3. 知っておきたい!サイトのイメージカラー決定のルール

知っておきたい!サイトのイメージカラー決定のルール

サイトのイメージカラーの決め方

今回はサイトで使用するカラーについてのお話です。

サイトを制作する際、まずは基本となる色を決める必要があるわけですが、皆さんはどのように色を決めているでしょうか?

好きな色で作るのも一つの方法でしょう。

ですが、既にご存知の人も多いかと思いますが、色にはそれぞれ視覚的効果があるとされ、見た人にある印象を与えると効果があると考えられています。

自分のサイトなので、好きな色でサイトを制作するのも一つの方法ですが、色の持つ特性を活かして作ってみるのも良いのではないでしょうか。

私が制作を受任した場合、お客さんにはサイトのイメージカラーをお伺いしています。

特にイメージカラーが決まっていない場合は、そのサイトをどんな印象にしたいのか等をヒアリングし、基本となる色を決めていくようにしています。

最初のうちは基本色(メインカラー)を含め、サイトで使用する色は3色程度にまとめるのがイイでしょうね。

その理由は、色が多かったり、配色がマズかったりすると、サイト全体にまとまりがなくなり、さらには、目がチカチカして見づらいサイトになってしまう可能性があるからです。

メインカラーサブカラー、そしてサイトにアクセントを与える為のカラーを用意するのがサイト全体のまとまりやすさを考えるとお勧めです。

色が多いとサイトにまとまりがなくなるのは、なんとなく想像がつくと思います。

マズい配色とは、あまりお勧めできない色の組み合わせのことを言います。色は組み合わせることによって、単色の場合とは別の視覚的効果を生み出すことがあります。

警戒を表す色の組み合わせ例

例えば、左のような黄色と黒の組み合わせ。


黄と黒の組み合わせは警戒を表す効果があるとされ、サイトに安心感を持たせたい場合の使用にはお勧めできません。

自然界においても、蜂のお尻なんかは、この色の組み合わせが使われていますね。

しかし、逆にサイト訪問者の注意喚起を促したい場合には、黄と黒の組み合わせを効果的に使用することで、より強い印象を残すことができます。

以下に、色から受ける印象一覧を記載しておきますので、参考までにご覧ください。

カラーから受ける印象一例

危険・禁止・情熱・興奮
安全・平穏・平和・自然・平静
清潔・冷静・クール・水・空・爽快・・知的
注意・快活・自由・楽天的
マゼンタ 華麗・神秘的・女性
潔白・冷たい・シンプル・純粋
威厳・フォーマル・モダン
オレンジ 明るい・元気・社会的・喜楽・安心

いかがでしょうか?これらはあくまでも一般的に感じる印象とされていますので、過信しすぎるのもよくありませんが、上手く利用することで、より効果的にサイトを制作することができます。

皆さんもサイトのイメージカラーに困ったときには、ぜひ参考にしてみて下さいね。

日本ブログ村に参加しています。

にほんブログ村

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

2011年9月12日 | コメント/トラックバック(0)

カテゴリー:サイト制作のレシピ

Copyright (C) 2011 ウェブデザイナー・行政書士金澤淳平ブログ-WEB集客の薬箱- All Rights Reserved. 掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。

ウェブデザイナー・行政書士 金澤淳平ブログ | WEB集客の薬箱
WEB GYOUSEI

神戸で行政書士・ウェブデザイナーとして活動する金澤淳平のブログ